2015年10月23日金曜日

ドラえもんのこころ

to TN

ドラえもんはたいへんな居候である。

 ロボットなのにご飯を食べるし、おやつのドラ焼きも要求する。寝室として押し入れを占拠するし、トイレにも行く。家賃を払っている気配もない。のび太の家族からすると、正真正銘の居候である。

 それにも関わらず、ドラえもんは家族の一員として暖かく迎えられている。しかも、のび太の家族限定の状況ではない。ドラえもんは、地域でも一住民として違和感なく溶け込んでいる。ジャイアンもスネ夫も静香ちゃんもドラえもんを友人として接している。外見上は二足歩行っぽいし、二本の手を操るので、人型と言えば人型のロボットではあるが、色もプロポーションも人間からはほど遠い。有機物質でもない。それでもドラえもんはあたかも人のように扱われている。

 というか、人そのものじゃないか。特殊な外観、四次元ポケット、原子エンジン、スーパーコンピュータ的な頭脳など、すなわち、ロボットであるという事実をすべて取り払ってしまえば、人と何の区別もつかない。悲しいことがあれば泣きわめくし、楽しいことがあれば大喜びするし、ジャイアンがコンサートを開催すればのび太と一緒になって目を回すし、忘れっぽいし、情に厚いし、逆にロボットらしいところが見当たらない。

 藤子・F・不二雄は間違いなくドラえもんを人として描いている。ドラえもんを人のこころをもつ存在として描いている。よく欧米のSF映画や小説などで人間と機械の狭間にいる微妙な存在としてのロボットが登場するが、その意味においてドラえもんは完璧に突き抜けている。この種のロボットが内包しているはずの哲学的苦悩を感じさせない。

 無論ドラえもんは架空の存在である。現実の世界であのロボットを生み出すことは未来永劫不可能かもしれない。しかし実現性は議論のボトルネックではない。のび太は有機体。ドラえもんは無機体。しかも両者は心をもつ知性体という設定。仮に無機体でありながら心を持つ知性体が現れたとしたら、それは対等の友人になるだろうというイマジネーションが重要なのだ。ハードウェアの種類がこころを規定しているのではないという帰結。木で作った船も、鉄で作った船も船である。藤子・F・不二雄の考えるこころの世界とは、そのようなものなのだ。

 もしドラえもんがこころをもつのであれば、誰もドラえもんを殺めることはできない。こころをもつドラえもんは人と同じだけの生きる権利をもっている。もし無機物であるという理由によって、ドラえもんが生きる権利をもたないのなら、それはとても悲しい結論を招く。逆を想像すれば分かる。僕たちの生きる権利は身体が有機物でできているからという理由だけで保証されているのだろうか?

 人の本質が有機物にあるという結論はいかにも単純過ぎる。人の本質がこころにあるとするのならば、生きる権利もこころによって支えられる。ドラえもんという存在の本質はこころにある。それを現代風に『情報』と言い換えてもいい。情報を支えているロボットの身体は必須だが、その金属の筐体がドラえもんの本質ではない。存在の本質は情報の側にある。

 簡単な例を挙げる。スマホに家族の写真が詰まっていたとしよう。どこにもバックアップをとっていない。とても危険な状態だけど、油断をしていたのだ。そしてスマホが壊れてしまった。スマホという機能をもつマシンはまた買えるけれど、大事な家族の写真は二度と手に入れることはできない。この場合、スマホの存在の本質は代替の効く筐体にあるのではなく、唯一無比の家族との時間という情報にあったのだ。工場で大量に作られているドラえもん型ロボットではあるが、のび太の親友であり得るのは『あのドラえもん』ただ一人である。

 藤子・F・不二雄はいくつかの作品で同じような設定をしている。オバケのQ太郎であったり、怪物くんであったりがそうだ。ドラえもんとのび太は、オバQと正太、怪物くんとヒロシになる。

 特にオバQの友情の厚さは有名である。オバQは犬が大の苦手だ。見るのはもちろんのこと触ることなんてとんでもない。ある日、親友の正太君が金持ちの友人のオモチャを欲しがった。でも友人は貸してくれない。オバQもその友人に貸してくれるように頼む。するとその意地悪な友人は「犬の背中に一日中乗り続けろ。出来たら貸してやる」という。オバQが大の犬嫌いという事実を知った上での理不尽な要求だ。オバQはそれでも「正太君のため正太君のため」と泣きながら犬に乗り続ける。泣きながら朝から晩まで乗り続ける。それを見た正太君は号泣。泣ける。この優しい人のこころをもつ白いおばけの内側に、人そして生命の本質が隠されている。

 下手をすると世間では嫌われるロボットや怪物やお化けを隣人として、そして真の友人としてとり扱う。藤子・F・不二雄の愛があふれているのだ。見かけや出自による偏見を廃した平等性、そしてこころの本質を子供達に問いかけているのである。藤子・F・不二雄が僕たちに伝えたかったことは明快だ。『ドラえもんはロボットだけど僕たちの仲間です。オバQはおばけだけど、僕たちの仲間です。外見や成り立ちが本質ではないのです。隣人の本質を見抜く力をしっかりと磨いてほしい』と。

大賛成だ。物質ではなく情報に焦点を移すと、見える世界が変わってくる。



2013年4月1日月曜日

こころ

『生命とは何か、意識とは何か、こころとは何か』という難題。

解けるものか、解けないものか。
解けるものなら、一歩でも真実に近づくことが僕たちの使命。
解けないものでも、一歩でも。
たとえ幼稚な試みであったとしても、なんとか一歩一歩。

というのが、僕の研究モチベーションですが、
過度な思考の抽象化によって収拾がつかないので
ここに書き留めておきます。


生命とは何か、意識とは何か


"Find LIFE" (eijwat, 2013)